睡眠薬ラボ

睡眠薬効果もあるデパスの通販での購入について、ルネスタやアモバンなどもご紹介しています。

デパスは睡眠薬効果もある精神安定剤

デパスは睡眠薬効果もある精神安定剤

明日朝早いのに寝ることができない、体は疲れているはずなのに寝ることができない、寝るまでに時間がかかってしまう、寝ても途中で起きてしまう・・・

など睡眠でお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。

人間が生きてく上で一生の時間のうち約3分1は睡眠にあてられています。その3分1の時間をどう上手に使うかで毎日の生活が大きく変わってくるのです。

寝たいのに寝れない、寝なきゃいけないのに寝れない、このような状態が毎日続いてしまってはかなりつらい状況です。

そんな不眠症などでお悩みの方のためにあるのが「睡眠薬」です。

睡眠薬をうまく使って質の良い睡眠をとることは日常生活の向上にもつながります。

当サイトでは不眠症でお悩みの方向けに処方されているデパスやその他の睡眠薬などについての効果や、副作用、そして購入方法についてご説明しています。

※不眠症について、原因、診断など詳しくはこちらから

デパスとは

デパスとは

デパスとは精神安定剤のベンゾジアゼピン系に分類されているお薬です。1984年に開発されて以降その効果の高さや使い勝手の良さなどから幅広く活用されてきました。精神安定剤と聞くと抜けだせなくなるイメージや、依存症などの悪いイメージついています。しかしデパスはうつ病以外にも不眠症や、体の強張り、手術前の緊張、腰痛や、肩こり、自律神経失調症などの治療にも使われています。特に睡眠薬として処方されることが多く、就寝前の不安や緊張を取り除くことで、入眠しやすくなるのです。

デパスは日本の製薬会社田辺製薬が製造、販売しており日本で処方されている精神安定剤の中でもトップクラスに選択されています。その理由として依存しにくい、副作用が少ない、即効性がある、薬が抜けるのが早いなどがあげられます。

睡眠薬は作用時間で分類されており、デパスは短時間作用型に分類されています。

デパスは睡眠薬や抗不安薬の中でも効果が高く、即効性があるため多くの人が使用していますが、やはり安易な使い方や間違った使用方法を行っていると依存症などの恐れもあるため必ず処方された通りに使用することが求められています。

デパスの購入方法

デパスの購入方法

デパスは通常病院で処方してもらいます。精神科や心療科だけでなく、内科、整形外科などでも処方してくれます。精神安定剤の中でも使い勝手の良いデパスなので様々な科で処方してもらえます。しかしデパスの処方ですが、依存症の類などの心配から始めていった病院ですぐさま処方と言うのは中々考えにくいかもしれません。病院によっては慎重に処方している先生もいます。そこで多くの人が利用していたのが、個人輸入での通販です。

日本で処方箋薬でも、海外からデパスやそのジェネリックを海外から個人輸入することができ、代行サイトを利用することで日頃利用している通販サイトのようにデパスを通販することができます。そのためデパスを使用したことある人などは通販でデパスを購入していたのです。

デパスを個人輸入、通販する最大のメリットとして他人に知られずに家にいながら購入することができるという事です。

睡眠薬や抗不安薬の購入はあまり良いイメージではなく、通販で購入できるのであればこの上ないですよね。そこで多くの人が個人輸入でデパスを購入していたのです。

デパスを個人輸入していた人はたくさんいると思うのですが、実は2016年9月、デパスは個人輸入禁止となってしまったのです。

個人輸入の禁止

2016年9月3つの医薬品が第3種向精神薬に追加されることになり、個人輸入することができなくなりました。

厚生労働省がエチゾラム(デパス)、ゾピクロン(アモバン)、フェナゼパム(日本では医薬品として流通なし)の3種類を向精神薬として指定したことで通販で購入できなくなったのです。

デパスはもちろんそのジェネリック医薬品も個人輸入することができなくなりました。そのためデパスやアモバンなどの睡眠薬が欲しい場合は必ず病院で処方してもらわなければいけなくなったのです。突然の出来事に多くの人が深刻な状況になったのですが、デパスやアモバン以外にも個人輸入できる同等の睡眠薬があるためそちらに移行した人がほとんどです。その代表的な睡眠薬がルネスタで個人輸入でもちろん通販することができます。

デパスの効果

デパスの効果

デパスの気になる効果ですが、一般名はエチゾラムで様々な症状で使用されています。脳にある神経受容体(BZD受容体)はリラックス系の受容体でエチゾラムと結びつくことでリラックスの神経を働かせてくれます。そのため、寝る前の興奮状態、不安、イライラ、緊張を抑えることができ入眠しやすくしてくれる効果があります。同じ系統に分類されている医薬品の中で特に睡眠作用が高いものは睡眠薬としてよく使用されています。

睡眠効果以外にも、ゆっくりとした作用で緊張や不安を取り除いてくれたり、筋肉の強張りを緩やかにする効果があるため、腰痛や肩こり、頭痛などにも効果があります。

デパスは効果が高く薬が抜けるのも早いため短時間作用方に分けられています。

・最高血中濃度到達 3.3時間

・血中半減期    6.3時間

そのため入眠はできるけど途中で覚醒してしまうといったタイプの不眠症には向いていないようです。そのような場合は中間作用方か長時間作用方が向いていると考えられます。

デパスの副作用

デパスは安全性が高く副作用が少ないのが特徴的です。そのため安心して使用することができます。

眠くなる、ふらつく、力が抜ける、倦怠感などを感じることがありますが、これはデパスが効いている証拠ですのでそこまで深く心配する必要はないでしょう。しかし、車やバイクの運転、高所での作業などは控えたほうが良いと考えられます。

さらに必要以上服用してしまった場合副作用が強く出てしまう可能性が高いので、必ず容量、用法は守るようにして下さい。

その他の副作用として注意力の低下、集中力の低下、ぼーっとする、ふらつき、眩暈、生理不順などがあります。もし重症や心配な場合は病院で診てもらいましょう。

デパスの注意事項

デパスの注意事項

デパスの注意事項で一番重要なのが必ず使用方法や使用量を守るという事です。睡眠薬や抗不安薬で心配なのが依存症や離脱症状です。デパスは睡眠薬や抗不安薬の中でも依存しにくい薬だと考えられていますが、もちろん長期継続や、大量に使用していた場合依存症となってしまう場合があります。そのため離脱症状などを防ぐためにも使用方法や使用量を守る必要があります。

デパスは効果がはっきりとわかる薬で使い勝手がよいのですが、さらなる効果を求めてしまうため必要量以上に飲んでしまう人が沢山います。OD(オーバードーズ)といって精神や、身体にとって有害な作用が生じてしまう量を摂取することを指し、多くの人がODによって病院へ運ばれています。

デパスを含めた睡眠薬や、抗不安薬は適正な量を守って使用することで安全な効果を得ることができるので必ずODなどしないようにして下さい。

その他の注意事項では妊娠中や授乳中の使用はなるべく控えてください。使用する場合は必ず病院の先生と相談してからにしましょう。高齢者や、小児も慎重投与に定められています。

そしてその他に睡眠薬や精神安定剤を使用している場合も医師に必ず申告し相談してください。アルコールと同時接種は副作用が強く出てしまう可能性が高いので控えるようにしましょう。

※急性の緑内障や、重症の筋無力症の患者は使用することができません。

デパスの飲みかた

デパスの飲みかた

デパスの飲み方ですが、頓服(症状が出た時に使用)として使用するのか、それとも定期的に使用するのかによって異なります。

頓服で飲む場合

頓服で睡眠薬として処方された場合症状が出た時に飲みます。例えば中々寝ることができない、心が不安や緊張で寝れない時にだけ飲みましょう。その量も症状や個人差によって異なりますが通常成人で頓服として使用するのであれば、寝る30分ほど前にエチゾラム1.0mg~3.0mgを服用します。もし0.5で強い場合は0.25mgでも大丈夫です。

その他に頓服で使用する場合は、パニック障害が出た(出そう)、大事なスピーチや人前に出ないといけない時、電車や公共の乗り物に乗るのが苦手な人が乗る前などに不安や緊張を一時的に緩和させるためにも飲みます。

エチゾラム0.5mg~1.0mgを服用します。もし0.5mgで強い場合は0.25mgでも大丈夫です。服用してから20分~30分ほどで効果が感じれ、そしてそのまま6時間ほど継続します。この時間を計って服用するようにしましょう。

定期的に飲む場合

うつ病や、神経症の治療で定期的に飲む場合、成人であれば通常エチゾラム1mgを朝、昼、晩と飲みます。(計3mg)

腰痛や、心身症、筋収縮性の頭痛などの場合、0.5mgを朝、昼、晩と飲みます。(計1.5mg)

※高齢者はエチゾラムは1日1.5mgが限度とされています。

定期的に飲む場合も症状や年齢によって異なりますので、医師と相談してください。

デパスのジェネリック

デパスのジェネリック

デパスは1984年に販売が開始された歴史の古い医薬品です。今では後発薬としてジェネリックが多数開発されています。ジェネリックは特許期間の過ぎた成分で作られたもので、効果や効能は新薬と同等となります。元からある成分で製造されているので開発期間や開発費用をかなり抑えることができるため、薬価の値段も安くすることができます。

ジェネリックは今世界中で推奨されており欧米などでは普及率が70%以上のところばかりです。日本でもこれからジェネリックの普及率を上げるように国をあげて推奨しています。その大きな理由は国が負担している莫大な医療費問題が大きく関わっているのです。

デパスには多数のジェネリック医薬品が開発されています。個人輸入でも値段の安いデパスのジェネリックを選択する人が多くその中で代表的なのがエチラームです。1錠の値段が50円程と非常に安く、さらに効果も高かったため個人輸入でも人気でした。しかし今となってはエチラームは日本では販売されておらず、個人輸入も禁止となってしまったので手に入れることは中々難しくなっています。

デパスの口コミ・体験談・感想

デパスの口コミ・体験談・感想

デパスを使用している人たちの口コミ、体験談、感想などをご紹介いたします。

デパスの口コミ

・35歳女性

デパスは以前から病院で処方してもらっていました。しかし病院へ通うのが嫌になったので個人輸入で値段の安いデパスのジェネリックエチラームを購入。デパスと同じくよく眠ることができました。

・24歳男性

以前使っていた睡眠薬だと夜中に覚醒してしまっていたので、中時間型のデパスに変更。夜中でも起きなくなり朝までぐっすり。以前までは通販で購入していたのですが、つい最近禁止になったため睡眠薬のルネスタのジェネリックを通販で買うようになりました。ルネスタはすぐ寝ることはできるのですが、やはり途中で起きてしまうため私には合わないような気がします。

・40歳男性

睡眠薬には抵抗があったので、肩こりなどで使っていたデパスを睡眠薬として使用してみました。依存性が少ないと聞いていましたが、私は少し怖いので少ない量から使用しています。1mgでも十分寝ることができています。

・50歳女性

更年期に入ってから値付けが悪く、体は疲れているのに脳は興奮している状態が続きました。病院の先生と相談してデパスと言う薬を処方してもらいその日から飲んでみることに。飲んでから30分ほどで頭がボーっとしてきてそのままぐっすり眠りにつくことができました。それからは寝にくいなという日にはデパスを飲んでいます。

・29歳男性

仕事のストレスで不眠症となり、さらにうつ病っぽくなってしまいました。そしてうつ病診断などを調べているとデパスと言う薬が良いという事が分りネットでも売っていたのでクリックで購入。今ではデパスなしでは仕事に行くことができなくなってしまいました。しかしネットで買うことができなくなってしまうので、今ある物しかない為これからネットで買える代替え品を探そうと思っています。

・32歳男性

デパスの存在は知っていたのですが、まさか通販で買えるとは思ってもいませんでした。夜寝れない日々が多く、次の日が早い日などは特に寝れません。そこで睡眠薬として有名なデパスを通販で購入。次の日に大事な仕事があるときは夜寝る前に飲むようにしています。おかげで不眠で悩むこともなくなったのですが、デパスは通販では少し高かったのでジェネリックに変更、入眠に問題はなかったのですが、自分的にはデパスの方が寝れたような気がします。

デパスの体験談

デパスの体験談

・36歳女性

私はワーキングママで子供は保育園に預けています。最近仕事で疲れているのに中々寝付くことができなく、毎日しんどい思いをしてきました。子供に対してもイライラしてしまって当たるようになってしまいそして仕事も思うようにできなくて、毎日自己嫌悪の繰り返しです。旦那に病院へ行った方がいいのではないかと言われ、心療内科?と言うものに行ってみました。そこでデパスと言う薬を処方してもらい、寝る前に飲んでみたのですが、嘘のように飲んでからすぐ寝ることができたのです。そして薬飲んだら朝起きるのがつらいかな?と思ったのですが、そんなことはなく朝スッキリ起きることができたのです。

仕事も子供への接し方も眠ることができなかった時に比べてこうも違うのかと言うくらいうまくいくようになったのです。しかし一つ心配なのが長く使うと効いてこなくなるのではないかという事です。病院の先生にも耐性?と言うものがあると言われ段々効いてこなくなるかもしれないという事でした。そのため頓服として本当に寝れないなと言う時や不安やイライラが強いときに飲んでねという事でした。確かにデパスですぐ寝ることができるので、毎日飲みたいくらいなのですが、効かなくなっても困るので慎重にこれからも使っていきたいと思います。

・38歳男性

仕事のあることがきっかけで、夜全く寝ることができなくなりました。どんなに寝ていなくても寝方を忘れてしまったのではないかと言うくらい寝れないのです。やっと寝つけたと思っても2時間ほどねたらすぐに起きなければいけない時間になってしまうという日々の繰り返しでかなり疲れもたまった状態でした。そんな時に寝れないという話を職場の人に話したら通販で睡眠薬が買えるらしいよという事を教えてもらったのです。病院へ行くほどではないかもしれないから病院へ行くのはちょっと・・・と思っていたのでかなり目からうろこな話でした。

そこでネットで調べてみるとデパスと言う有名な薬が個人輸入で通販することができると知り、即効注文。しかし知らなかったのですが、海外からとなると注文してから手元に届くまでに非常に時間がかかるという事でした。1週間ほどたってやっと手元に届きそして即効飲んでみました。初めてだったので0.5mgを飲んでみたのですが、しばらくするとなんだか頭がほんわりしてきました。これは効いてきたのかな?と思って立ちあがろうとしたところ、急に立ちくらみがしたのです。これは危ないかもしれないと思ったのですが、その後何もなくそして寝方を忘れてしまっていた私がすぐ寝付くことに成功したのです。最初立ちくらみが起こった時はやっぱり怪しい薬を飲んでしまったと思ったのですが、今では何かあった時にはデパスに頼るようにしています。逆にデパスはお守りのような存在で持っているだけでこれで寝れるんだと思うと、薬が無くても寝れるようにも少しずつなってきました。

※デパス(エチゾラム)は2016年9月に3種向精神薬に指定され個人輸入が禁止となり、エチゾラムを含んだジェネリックもすべて病院での処方でしか購入することができません。

睡眠薬の種類

睡眠薬には症状などに合わせた様々な種類が存在しており、入眠に問題があるのか、睡眠中に問題があるのかなどによって選択することができます。作用時間で種類を分けられており、デパスは短時間作用型で最高血中濃度に達するのは比較的早くそして血中半減期も比較的はやいので、そこそこ早く効いてそこそこ早く薬が抜けるということになります。

睡眠薬の作用時間によっての種類別

睡眠薬の作用時間によっての種類別

医薬品名・一般名・最高血中濃度到達時間・血中半減期時間

・超短時間作用型

マイスリー(ゾルピデム) 【0.8時間】 【2.3時間】

ハルシオン(トリアゾラム) 【1.2時間】 【2.9時間】

アモバン(ゾピクロン) 【0.8時間】 【3.9時間】

ルネスタ(エスゾピクロン) 【1時間】 【5時間】

ロゼレム(ラメルテオン) 【0.75時間~0.88時間】 【1時間】

・短時間作用型

デパス(エチゾラム) 【3.3時間】 【6.3時間】

リスミー(リルマザホン)【3時間】 【10.5時間】

レンドルミン(ブロチゾラム)【1.5時間】 【7時間】

エバミールorロラメット(ロメタゼパム) 【1時間~2時間】 【10時間】

・中間作用型

サイレーズorロヒプノール(フルニトラゼパム) 【1時間~2時間】 【15時間】

ベンザリンorネルボン(ニトラゼパム) 【2時間】 【21時間~24時間】

・長時間作用型

ドラール(クアゼパム) 【3時間~4時間】 【37時間】

ダルメートorベノジール(フルラゼパム)【1時間~8時間】 【65時間】

ソメリン(ハロキサゾラム)【2時間~4時間】 【42時間以上】

代表的な睡眠薬

睡眠薬上記で記載した通りたくさんの種類があり、そして症状によって選択することができます。その睡眠薬の中でも代表的なものをご紹介します。

ルネスタとは

ルネスタとは

超短時間型の睡眠薬にルネスタがあります。主成分はエスゾピクロンでシクロピロロン系に分類されており、日本では2012年に販売が開始された非常に新しい睡眠薬です。睡眠薬のアモバン(ゾピクロン)と似すぎていると欧州などでは考えられており、承認されてはいません。アメリカでは翌日に効果を持ち越してしまうため車の運転に支障が出ると考えられ、初めて使用する場合1mgからと推奨されています。

アモバンの主成分ゾピクロンはデパス同様2016年に向精神薬に指定され個人輸入することができなくなりましたが、ゾピクロンの鏡像異性体で同じ作用を持ち合わせているのですが、ルネスタの主成分エスゾピクロンは向精神薬に指定されていない為個人輸入することができます。

ルネスタはアモバンを改良した睡眠薬として知られており、アモバンで苦みや副作用を感じた人がルネスタへと移行しています。

ルネスタの効果

不眠症などの場合ルネスタを就寝前に服用することで入眠しやすくなります。主成分であるエスゾピクロンはアモバンの主成分ゾピクロンのS体という効果がある部分のみを使用して作られました。それによって効果や効能はほぼアモバンと同じで、脳内にあるGABA受容体と結びつくことで、GABAによって塩化物イオンの神経細胞内へ流れるのを促し、GABAの働きを強くすることで、入眠に繋がります。※GABAは脳内を抑制させるための神経伝達を担う神経性のアミノ酸になります。

睡眠薬の中でも超短時間型に分類されており、寝つきの悪い人や一時的な不眠症の人が就寝前に服用することで、入眠しやすくさせてくれます。臨床結果ではブラセボとの比較試験でルネスタでは睡眠潜時は平均11分、ブラセボの場合平均23分でしたので、通常よりも寝ようとしてから半分の時間で入眠できることが判明しています。

超短時間型で入眠は早いのはもちろんなのですが、途中で覚醒してしまう場合に対しても効果的だという事も示されています。

さらに眠りから覚めた時でも不快感や、眠気などを感じることが少なくすっきりと起床することができます。

長い期間継続して使用していても、耐性なるものもみられず、さらに依存症も起こりにくいと考えられている為非常に使い勝手の良い睡眠薬だと考えられます。

ルネスタの購入方法

ルネスタの購入方法

ルネスタは日本では処方箋薬として認定されています。その為ドラッグストアや店頭などでは市販されていません。

病院で先生の処方の元、薬局などで処方箋を提出する必要があるのです。しかしルネスタは個人輸入することが認められているので、海外から通販することができるのです。アモバンやデパスが通販で買えなくなった現在、ルネスタを通販で購入している人が増加しています。

もちろん個人輸入に関してはいくつか制約があり、個人輸入できない医薬品、1度に輸入できる個数、販売、譲渡目的では輸入できないなどを守る必要があります。さらに海外とのやり取りの中で英語ができないとなるとそんなめんどくさい思いをしてまで個人輸入したいとは誰も思わないでしょう。

そこで活躍しているのが個人輸入代行サイトです。個人輸入したい人のお手伝いをしてくれるサイトで、法に基づいた方法で行っている為安心してサービスを受けることができます。通常の大手通販サイトのアマゾンなどと同じような仕組みですので、ネットショッピングと何ら変わりなく、睡眠薬を海外から購入することができるのです。

ルネスタを病院で処方してもらったことがあるけど病院へ行く時間が取れない人や、不眠症で悩んでいることを誰にも知られたくない人、病院へ異常があっていけない人などなどは通販でルネスタを購入できることを覚えておくと大変便利です。

ルネスタの副作用

ルネスタは比較的安全性の高い薬のため副作用はほとんどないと考えられています。処方通り使用することで重症な副作用はまずないでしょう。しかし、人によっては起床した時に眩暈や、眠気、脱力感や、力が入らないなどの副作用が出る場合もあります。さらに高年齢の場合足がもつれて転倒してしまうなども考えられますので注意が必要です。

副作用が重症化することはほとんどないですが、もし依存症や離脱症状が出た場合などは病院の医師との相談が必要となります。

ルネスタの注意事項

ルネスタの注意事項

ルネスタの使用にあたっての注意事項ですが他の睡眠薬同様、重症の無力症や、急性の緑内障の場合使用禁忌となっています。

他にも喘息の人など呼吸器関係に病気を持っている人も使用に関しては注意となっています。高齢者は効果が強めに出てしまい思わぬ副作用をもたらせてしまう可能性があるため、少量から始めていきます。

妊娠中や授乳中は使用をできる限り控える方が好ましいです。そうしても使用しなければいけない場合などは病院の医師と相談してからにしましょう。小児や乳児、幼児に対しては安全性が確立されていません。

何か行動をしなければいけない前の服用は避けてください。例えば食事中、移動中、運転中、仕事中などは途中で寝てしまう場合があり危険を伴う恐れが高いので就寝前などに使用してください。

依存症の恐れが比較的少ないのですが全くないわけではありません。使用方法の誤りや、連用することによって依存症を生じる恐れがあります。特に継続投与する場合は急に服用を中止すると離脱症状を起こしてしまう可能性が高いので、必ず決められた期間決められた量を服用し自分の判断だけで服用を中止しないでください。

ルネスタの飲みかた

通常就寝前に、成人であれば1回2mgを水やぬるま湯で服用します。

高齢者の場合1回1mgを水やぬるま湯で服用します。

症状や年齢によって異なりますが、成人では最高3mg、高齢者では2mgを超えない事となっています。

アメリカの食品医薬品局(FDA)では2014年に、ルネスタの開始推奨量を1mgに変更しました。その理由として、効果が翌日へ持ち越してしまう可能性として運転や記憶への機能障害をもたらせてしまう可能性があるからだとしています。

ルネスタはアモバンに比べれば苦味は減ったのですが、口の中を抜けた後でも苦味を感じる人もいます。

ルネスタのジェネリック

ルネスタのジェネリック

ルネスタは新しい睡眠薬で日本国内ではジェネリックが開発、販売されていませんが、海外ではルネスタのジェネリックが開発、販売されており個人輸入で購入することができます。ジェネリックは新薬と同じ成分で製造されている為効果や副作用などもすべて同じとなっています。

インドのムンバイに本社があるサン・ファーマ社から販売されているルネスタジェネリックのフルナイトですが、主成分はルネスタと同じエスゾピクロンで効果はルネスタと同じですが、苦味を感じないように対策されており、ルネスタより飲みやすいように工夫されています。個人輸入のサイトでフルナイトは1錠100円以下の値段で購入することができ、非常に安価な値段で販売されるので人気の睡眠薬となっています。

ルネスタの口コミ・体験談・感想

ルネスタを使用している人たちの口コミ、体験談、感想などをご紹介いたします。

ルネスタの口コミ

ルネスタの口コミ

・30歳男性

以前までは個人輸入でデパスのジェネリックを購入していたのですが、禁止となってしまったので同じサイトで販売されていたルネスタのジェネリックを試してみました。苦味があると聞いていたのですが私的には感じませんでした。デパスよりも早く寝ることができ、起きた次の日もスッキリ起きれたのでルネスタのジェネリックで全く問題がなかったです。

・24歳女性

ルネスタを病院で処方してもらっていたのですが、引っ越しに伴いいつも通っていた病院へ行くことができなくなりました。しかしSNSでネットでもルネスタが購入できるという事を知り、思い切って通販で購入。最初は少し不安でしたが、飲んでいると今までと同じような効果ですんなり寝ることができたのでよかったです。

・47歳女性

睡眠薬を飲んだことがなかったのですが、寝れない日々が続くためネットで何かないかなと探していたところ、ルネスタと出会いました。通販で買ってみて寝る前に飲んだのですが、私には強すぎたようです。漢方か何かを試していきたいと思います。

・39歳男性

ネットでデパスを購入できると聞いたので調べてみるとつい最近個人輸入禁止になったと紹介されていました。そのため超短時間型のルネスタを試しに購入して飲んでたのですが苦味がひどくて少し飲みづらかったです。入眠作用はバッチリで朝までぐっすり寝ることができました。しかし朝起きた時に胃の中の方から苦味があってあまり良い気分ではありませんでした。

ルネスタの体験談

ルネスタの体験談

・旦那に何を言われようが(37歳女性)

私が初めて睡眠薬に出会ったのはアモバンでした。仕事と家事、さらに子育てで追われる日々で旦那もあまり協力的ではない人なので相談できる人もいなくて、毎日ぐっすり眠れることが少なくなってしまっていたのです。そしてしばらくすると寝れないことがかなりつらくなり、さらに寝る事へのプレッシャーも感じるようになったのです。

少しうつ気味で不眠症が続いたため、思い切って病院へ行ってそこで睡眠薬を処方してもらったのがアモバンです。夜寝るときに考え事をしてしまって中々寝付けずにいたのですが、アモバンを飲むようになってからぐっすりと寝れるようになりました。しかしアモバンの苦みが私はとても苦手で、どうしたものかと先生に相談したところ、今度はルネスタを処方してくれたのです。

そしてルネスタを飲んだところやはり苦味は少し感じるのですが、アモバンほどではないのでこれならば飲んでも不快感がなく過ごせそうだと思いました。

毎日ルネスタを飲んでいるわけではないのですが、今日は早く寝たいなという日や今日は考え事をしてしまって寝れないなと言う日には飲むようにしています。旦那に睡眠薬を飲んでいるという話をすると、そんなもの飲むなと全く理解してくれないのですが、私はルネスタのおかげですっきりとした1日を送ることができているので、旦那に何を言われようがルネスタをこれからも飲み続けようと思っています。

・海外出張にはルネスタ(42歳男性)

私は仕事柄海外出張が多く月の半分は海外にいるような状態です。元々寝つきがいいほうではなかったのですが、飛行機でもぐっすり寝ることができず、さらに海外の時差で深く眠りにつけることがほとんどありませんでした。

海外出張が段々苦痛になってきたのでどうしたもんだとネットで調べてみると睡眠薬が通販で買えるという事を知ったのです。

ルネスタは超短時間型睡眠薬ですぐ寝れ、そして次の日はすっきりと口コミに書いてあったのでルネスタを注文してみました。

そして長時間のフライトの飛行機に乗ってさあ寝ようかなと思った時に飲んでみました。いつもは長時間もぞもぞしてやっと寝れたと思ってもすぐ到着した事が多くて飛行機に乗った日は本当疲れていました。しかしルネスタを飲んでなんと10分ほどしたらすぐ寝てしまっていたのです。そして気づいたころには目的地に到着。これはすごいと思って感動しました。

そして出張先でもぐっすり眠れて朝もすっきりと目覚めることができました。

普段は不眠症ではないので睡眠薬に対してどうかな?とは思っていたのですが、これから海外出張の際には必ずルネスタを持っていこうと思っています。

アモバンとは

アモバンとは

アモバンとは1989年から日本で販売されている、超短時間型の睡眠薬です。一般名はゾピクロンでフランスの製薬会社(国有)ローヌプラン社が作った睡眠薬です。販売から30年近く起っていますが、睡眠薬の中でも選択肢として多く挙げられており、愛用者もたくさんいます。ルネスタはアモバンのS体と言う部分だけと取り出したものから作られているので、効果や効能はルネスタとほぼ同じです。睡眠薬の中でも最も早く眠ることができるため入眠に時間がかかってしまう人にとってアモバンは無くてはならない存在となっています。

しかしアモバンには決定的な問題があるのですが、それは苦味です。添付の文書では1%以上に表れると記載されているのですが、アモバンの苦味は殆どの人が感じているそうです。ひどい場合は胃の中から苦味を感じるという人もいるくらいなのです。

もしアモバンの苦味に耐えことができないのであれば同等の効果のルネスタに変えてもよいかもしれません。

アモバンの購入方法

アモバンは処方箋薬ですので店頭などで処方箋なしに購入する事はできません。日本では必ず病院へ行って医師に処方してもらう必要があります。2016年9月までは海外からアモバンを個人輸入することができたのですが、同年10月からは向精神薬に指定されアモバンを個人輸入することが一切できなくなりました。今までアモバンをネットで通販していた人などは同効果のルネスタであれば個人輸入することができますので変更するのをお勧めします。

アモバンの効果

アモバンは就寝前に服用することで眠りに導いてくれる睡眠薬です。主成分はゾピクロンでシクロピロロ系に分類されています。ベンゾジアゼピン系ではないのですが、その作用や効果が似ている為非ベンゾジゼアピン系と言われています。

GABA受容体に結びつくことでGABA系の抑制機構を増強させることができ、睡眠へ導いてくれるのです。

アモバンは超短時間型のため服用後すぐに効果を感じることができます。最高血中濃度は1時間もかからず、そして半減期は大体4時間ほどとなっています。すぐ効果が出てすぐ切れるといった感じなので、即効性を求めている人に向いている睡眠薬と言えます。

アモバンの副作用

アモバンの副作用

アモバンは比較的副作用も少なく、安全性の高い睡眠薬です。使用方法を処方通りに守っていればそこまで心配する必要はありません。しかし人によっては朝起きた時に眠気、ふらつき、脱力感などを感じる場合もあります。

そしてごくまれな事なのですが、アモバンの服用によって一過性の健忘症や夢遊病などの報告もされています。夜間覚醒したにもかかわらず行動を覚えていないなどの症状を訴える人もいるそうです。

そしてアモバンを言えばやはり苦味を感じる人が多いようです。お腹に入った状態でもお腹の中から苦味を感じるほどですので、苦手な人はルネスタに変更したほうが良いかもしれません。

その他もし気になる副作用や重症な症状が出た場合は必ず医師に相談してください。

アモバンの注意事項

アモバンは依存が少ないと考えられていますが、連用や多量接種をした場合依存症になることがあります。さらに長期継続によっては急に服用をやめた時に離脱症状が出てしまう事もあります。自分の判断での急激な投与を中止することは避け徐々に薬を減らしていくか、病院で判断してもらいましょう。

他の睡眠薬と同じように重症筋無力症や急性の緑内障の方は使用禁忌となっています。

妊娠中や、授乳中はできるだけ服用は控えるようにしましょう。それでももし必要な場合も病院での判断が必要です。高齢者の場合もふらつきが通常より多く考えられるので、服用後夜中起きて転倒してしまう恐れもあるので要注意となっています。

小児や幼児においては安全性が確認されていないので服用はしないようにして下さい。

アモバンの服用は必ず就寝前にしてください。移動前や、運転前、仕事前などは控えたほうが良いでしょう。特に車の運転前に服用した場合事故につながりやすくなっているので避けましょう。

アモバンの飲みかた

アモバンの飲み方ですが、就寝前に成人は1回7.5mg~10mgを服用してください。水またはぬるま湯が好ましいです。年齢や症状によって異なりますが、10mgを超えることはないとされています。

アモバンのジェネリック

アモバンのジェネリック

アモバンは1989年に日本で販売された医薬品ですので30年近い歴史があります。成分特許も切れている為多くのアモバンジェネリックが開発、そして販売されています。個人輸入でもアモバンのジェネリックが人気でその中でもインスタファーマ社のゾピコンが大変人気でした。その理由として、値段が安く1錠80円程で購入できるのでコストパフォーマンスの良いアモバンジェネリックのゾピコンが人気となっていたのです。

アモバンの口コミ・体験談・感想

ルネスタを使用している人たちの口コミ、体験談、感想などをご紹介いたします。

アモバンの口コミ

アモバンの口コミ

・25歳女性

元々うつ病で睡眠薬を飲んでいたのですが、飲んだらすぐ寝れるのがいいと思いアモバンに変更してもらいました。飲んだその日はビックリするくらいすぐ寝れたのでいいなと思っていたのですが、最近耐性がついてきたのかアモバンを飲んでも寝れないようになってしまいました。

・30歳男性

アモバンをずっと個人輸入で購入していました。本当は病院へ行った方がいいのかもしれないけど私が住んでるところは田舎で精神科とか心療内科など行ったらすぐにうわさが広がってしまうので中々いけないのです。そのため通販でアモバンを買っていたのですが、ついに禁止になってしまいどうしようかと思っています。

・40歳女性

アモバンを病院で処方され飲んだのですが私的にはあの苦さがどうも苦手みたいです。

・33歳男性

介護の仕事をしていて疲れているはずなのに最近寝ることができなかったので病院で睡眠薬のアモバンを処方してもらいました。自分の仕事は夜勤とか日勤があって寝る時間もばらばらなので寝たい時に寝れるようになったので本当によかったです。これからは朝寝なきゃいけない時などにアモバンを飲もうと思っています。

・25歳男性

ずっとハルシオンを飲んでいたけど、もっと早く寝付きたいためにアモバンに変更。飲んで布団に入ったらすぐに朝になっていたのでこれはすごいと思った。

・50歳男性

睡眠薬は怖くて飲めなかったのですが、あまりにも寝れないので通販でアモバンと言う睡眠薬を購入してみました。飲んで即効寝ることができたのでびっくりしたのですが、それと同時にかなり苦くてそれにもびっくりしました。睡眠薬ってこんなに苦いんですね。

アモバンの体験談

アモバンの体験談

・アモバンはベストパートナー(25歳男性)

昔から寝る前に考え事をする方でした。子供のころは遠足前になると寝れなくなったりしていたので、某アニメののび太君は3秒でどこでも寝れるという特技をもっていていつもうらやましいなとくらいにしか思っていなかったのですが、働くようになってすぐ寝れないことが仕事にも支障が出るようになってしまい、さらには旅行など行くと全く寝れなくなってしまうの自分ものび太のような神経が欲しかったです。そこで私は科学ではなく医学に頼ろうと睡眠薬をもらいに病院へ行くことにしました。そして睡眠薬のアモバンと出会うようになって自分には某アニメのロボットはいないけど、アモバンと言うベストパートナーができてよかったなと思っています。

・良く効く睡眠薬(29歳女性)

マイスリーと言う睡眠薬を以前から飲んでいました。常用してるわけではなくたまに飲むくらいだったのですがなんだかあまり効かないような気がしてアモバンに変更しました。通販でもアモバンのジェネリックが買えると噂を聞いてネットで買ってみたのですが、かなりすぐ寝れたのでアモバンは良く効く睡眠薬だというイメージです。しかしアモバンのジェネリックが買えなくなるというのを知って今度はルネスタに変更してみようかなと思っています。

・うつ病にも効くアモバン(36歳女性)

私は以前からうつ病で抗不安薬と一緒にアモバンを飲んでいました。しかしアモバンも抗不安作用があることを知りアモバンだけにしてみたところ抗不安薬が無くてもうつが改善されてきた気がしたのでこれからもアモバンだけ飲んでいこうかなと関あげています。しかしアモバンは常用してはいけないと病院のお医者さんに言われていたのですが私は今アモバンがないと毎日寝る事ができていないのでどうしようかなと思っています。さらに個人輸入でもアモバンを買っている人がいて私も個人輸入で買ってみようと思ったところできなくなっていたので、やっぱり病院で先生の処方通り飲むしかないのかなと思っています。

※アモバン(ゾピクロン)は2016年9月に3種向精神薬に指定され個人輸入が禁止となり、ゾピクロンを含んだジェネリックもすべて病院での処方でしか購入することができません。