睡眠薬ラボ

不眠症には様々な原因があります。様々な原因で発症していることもあり、まずは原因を知る事が解消の一歩になります。

不眠症の原因

不眠症の原因

不眠症には、様々な原因があり、多くの場合は複数の原因が絡み合って発症します。不眠症を解消するには、まずは原因を知る事も大切になります。代表的な不眠症の原因をご紹介します。不眠症でお悩みの方は、まずは原因について考えてみましょう。

ストレスが原因

不眠症の原因として最も多いものがストレスです。悩みや心配ごとがあると、なかなか寝つけなくなってしまいます。お仕事や人間関係、家庭や経済的な問題など非常に多くあります。また、さらに症状がひどい不安障害やうつ病も不眠症の原因とされています。それ以外にも、なかなか寝付けないなどが長く続くと、それがプレッシャーになってしまい、「また眠れなかったらどうしよう」「明日起きれないかもしれない」などのように悪循環になってしまう場合もあります。

眠る前に考えすぎず、日頃からストレスをためない事が大切です。ご自分に合っているストレス解消法が見つかればそれがベストですが、半身浴で不眠症を解消などする方法があります。リラックスでき副交感神経が優位になると言われています。すぐに始める事ができますので、半身浴などは大変オススメです。

また、うつ病や不安障害など、精神疾患が原因で眠れなくなってしまう事も多くあります。うつ病、不安障害の方はほとんどが不眠症を発症していると言われています。そのような場合には、まずは不安を解消するために、精神安定剤(抗不安薬)を利用する方が不眠症の解消が早くなる場合もあります。精神安定剤(抗不安薬)は睡眠薬同様、通販で簡単に購入する事が可能です。精神的に不安や悩みが強い方は、お薬を利用して早めに症状を緩和させましょう。

睡眠環境が原因

眠る上では、睡眠環境も大切になります。枕やマットレス、布団などの寝具は非常に多くの種類が販売されていますが、ご自分に合っているものを選ぶのが大切です。寝具があっていないと、腰や首や肩などを痛めてしまう原因にもなってしまいます。基本的には、立っている姿勢と同じ姿勢で横になるのが良いと言われています。

また、温度や湿度も大切になります。部屋の温度だけではなく、布団の中の温度や湿度も重要で、部屋が適温でも布団の中が冷たかったり湿度が高かったりすると寝つけない場合があります。できれば温度計や湿度計を設置して、適切な温度と湿度を保つようにしましょう。

不規則な生活が原因

不規則な生活や勤務をしている方は、体内時計が崩れてしまっている事が多いため、不眠症となってしまっている方が多いようです。また、元々夜型体質の方が朝早く起きなくてはいけないなど、体質と異なる生活を送っている場合も不眠症になりやすいとされています。「朝活」というものもここ数年流行っていますが、成人の10人に3人は夜型体質だと言われています。朝が弱かったり寝坊が多いとだらしがないとされてしまいますが、太古の昔から夜の護衛のために起きていなければいけない人も必要であったため、遺伝の部分が大きく、だらしないや怠惰は関係がないと言われています。

そのため、夜型体質の方が一般的な方と同じような生活スタイルで過ごす事はハードルが高いと言えます。また、交代勤務をされている方などは改善が難しい場合がほとんどです。

最近は体内時計を整える効果のあるロゼレムなどの睡眠薬も販売されていますし、体質が夜型である方は、お薬で改善するのもいいのではないでしょうか。

また、ご自分の睡眠サイクルを把握するために、睡眠日記(睡眠日誌)をつけるのもオススメです。客観的に睡眠時間を把握できるようになり、改善すべき点もわかりやすくなります。

自律神経の乱れが原因

自律神経が乱れていると不眠症になってしまいます。自律神経失調症は、交感神経と副交感神経が乱れてしまう事によって起こります。交感神経は活動している時に活発になり、副交感神経はリラックスしている時に活発になります。通常であれば日中の活動している間は交感神経が優位になり、夜になると副交感神経が優位になってリラックスでき、自然に眠れるようになります。

ところが、現代は夜でも様々な誘惑がありますし、お仕事などのストレスで夜になってもリラックスできず、常に緊張状態の方も増えています。このようになってしまうと自律神経が乱れてしまい、自律神経失調症となってしまうのです。自律神経失調症は診断が難しいため、自覚がない方がほとんどです。不眠症と自律神経は切っても切れない関係です。うまくリラックスできない方は、まずは自律神経を整える事が大切になります。

タバコが原因

タバコは不眠症の大きな原因になると言われています。喫煙者の中には、眠る前に一服してから眠るという方も多いかもしれませんが、タバコに含まれるニコチンは、脳の覚醒、血圧の上昇、脈拍を早くするなどの効果があります。実はタバコは、リラックスではなく緊張させてしまう作用があるため、眠る前には吸うべきではありません。眠る前にタバコを吸うと、ニコチンの影響により、寝つきが悪くなってしまいます。最低でも眠る1時間前、可能であれば2時間前は控えるようにしましょう。

また、ニコチンは体内時計を狂わせるとも言われています。その事により睡眠リズムが乱れてしまい、寝つけなくなったり熟睡できなくなってしまうのです。

タバコは百害あって一利なしです。睡眠以外にも様々な悪影響がありますので、タバコを吸われている方は一刻も早く禁煙するようにしましょう。そうは言っても、タバコは多くの方が中毒ですので、簡単にやめる事はできないと言われています。ご自分の意思でやめるのが難しい方は、禁煙補助薬のチャンピックスなどを利用して禁煙しましょう。チャンピックスは、禁煙外来でも利用されているお薬ですが、通販を利用すれば病院に行かずに購入する事が可能です。

お酒が原因

タバコと並ぶ嗜好品はお酒です。ただし、お酒はタバコとは違い、適量であればリラックス効果もあり、メリットの部分も大きいものです。適量であればお酒を飲むことはそれほど問題にはなりません。ただし、飲み過ぎてしまったり、毎日の晩酌が習慣になってしまっていたり、寝酒がやめられないという場合は注意が必要です。

お酒を飲むと確かに寝つきはよくなるのですが、実は眠りの質は悪くなってしまいます。そのため、眠ったつもりなのに寝不足という事になってしまいます。さらに、アルコール依存症の危険などもありますし、お酒を飲み続ける事によって耐性ができてしまい、お酒を飲む量がどんどん増えていってしまう事が懸念されます。そうなってしまうと、最終的には「いくらお酒を飲んでも眠れない」となってしまう可能性もあります。

お酒はタバコよりは依存度は低いのですが、お酒をやめる事ができない方は、断酒補助薬のレグテクトなどを利用して、早めにお酒をやめる、あるいは量を減らすなどするようにしましょう。

体の冷えが原因

特に女性は冷え症が多いと言われています。体が冷えていると寝つけない、熟睡できないなどの可能性があります。体温調整と睡眠は密接な関係があります。体温は眠っている間は徐々に下がり、起床時間が近づくにつれてあがっていきます。睡眠サイクルは体温のサイクルと連動しているため、体温調整がうまくいかない場合は、熟睡できない可能性があります。

冷え性の方はこの体温調整がうまくいっていない事が多く、そのために熟睡できていないのです。冷え性は自律神経も関係するため、改善には時間がかかる場合があります。眠る前に体をあたためる方法として最も簡単なのは、ゆっくりと湯船につかる事です。特に半身浴は不眠症を解消するのに最適と言われています。体の内部からゆっくりとあたたまり、徐々に体温も下がってくるため、自然に寝つく事ができます。冷え性でお悩みの方は、是非毎日の半身浴を習慣にしましょう。

身体的な原因

身体的な病気などが原因で不眠症になってしまう場合もあります。リウマチや外傷などの痛みを伴う疾患や、蕁麻疹や湿疹、アトピーなどかゆみを伴う疾患、それ以外に喘息や花粉症なども挙げられます。これらの病気の症状が原因で寝つきが悪くなってしまったり、眠っても途中で目が覚めてしまって不眠症となってしまいます。身体的な病気が原因である場合はまずはその病気を治す事が先決になります。

なお、市販の睡眠薬は正確には「睡眠改善薬」と呼ばれるもので、抗ヒスタミン剤に分類されます。花粉症や鼻炎、かゆみなどにも効果があるため、アレルギーで不眠症になっている方は、これらのお薬を利用すればアレルギーも不眠症も改善できる事が期待できます。通販を利用すればドリエルのジェネリックやアタラックス、ソミナーなども簡単に購入する事ができます。

カフェインが原因

カフェインが覚醒作用がある事は多くの方がご存知でしょう。カフェインはコーヒーや紅茶、お茶に含まれている事で有名ですが、実はチョコレートやココアなどにも含まれています。ココアはリラックス効果がある事から眠る前に飲む方もいらっしゃるかもしれませんが、カフェインが含まれているため、かえって眠れなくなってしまう可能性もありますので注意が必要です。

カフェインは眠る前に控えるだけでなく、できれば夕方以降は控えるようにしましょう。また、カフェインの効果がどれくらい続くかは個人差があります。中には14時間ほど続く方もいらっしゃいますので、できればお昼以降は控えるようにした方がいいでしょう。最近はデカフェなども多く販売されています。カフェインがやめられない方は、そのようなものを利用してみるのもいいでしょう。

ブルーライトが原因

最近はスマホやパソコンなどの普及により、眠る前に何かしら液晶画面を見る事が日課になっている方が増加していると言われています。液晶はブルーライトが使われています。ですが、このブルーライトは強力な覚醒作用があります。そのため、眠る前にブルーライトを浴びると目が冴えてしまい、眠れなくなってしまう危険があります。ゲームやテレビなども同様の危険があります。

ブルーライトを浴びるとメラトニンの分泌を抑え、脳は「明るいから朝だ」と勘違いしてしまいます。そうなるとメラトニンの分泌は約30%も低下すると言われています。眠りにくくなってしまう上に睡眠の質も落ちてしまうという事になってしまうという悪影響があります。

イギリスの睡眠センターの研究によると、眠る1時間前にブルーライトを浴びる事は、エスプレッソコーヒー2杯分の覚醒作用があると報告されています。特に仕事などのメールやネット検索などはストレスをためてしまい、交感神経が活発になってしまいます。できれば眠る2時間前、最低でも1時間前はブルーライトは控えるようにしましょう。

眠る前にどうしてもスマホやパソコンを使う必要がある場合は、ブルーライトをカットしてくれるメガネなどを利用しましょう。

JINS公式通販ショップ