睡眠薬ラボ

デパスは不眠症をはじめ、様々な精神疾患に効果のあるお薬です。通販を利用すれば安いジェネリックを簡単に購入できます。

デパスとは

デパスとは

デパスとは精神安定剤のベンゾジアゼピン系に分類されているお薬です。1984年に開発されて以降その効果の高さや使い勝手の良さなどから幅広く活用されてきました。精神安定剤と聞くと抜けだせなくなるイメージや、依存症などの悪いイメージついています。しかしデパスはうつ病以外にも不眠症や、体の強張り、手術前の緊張、腰痛や、肩こり、自律神経失調症などの治療にも使われています。特に睡眠薬として処方されることが多く、就寝前の不安や緊張を取り除くことで、入眠しやすくなるのです。

デパスは日本の製薬会社田辺製薬が製造、販売しており日本で処方されている精神安定剤の中でもトップクラスに選択されています。その理由として依存しにくい、副作用が少ない、即効性がある、薬が抜けるのが早いなどがあげられます。

睡眠薬は作用時間で分類されており、デパスは短時間作用型に分類されています。

デパスは睡眠薬や抗不安薬の中でも効果が高く、即効性があるため多くの人が使用していますが、やはり安易な使い方や間違った使用方法を行っていると依存症などの恐れもあるため必ず処方された通りに使用することが求められています。

デパスの購入方法

デパスの購入方法

デパスは通常病院で処方してもらいます。精神科や心療科だけでなく、内科、整形外科などでも処方してくれます。精神安定剤の中でも使い勝手の良いデパスなので様々な科で処方してもらえます。しかしデパスの処方ですが、依存症の類などの心配から始めていった病院ですぐさま処方と言うのは中々考えにくいかもしれません。病院によっては慎重に処方している先生もいます。そこで多くの人が利用していたのが、個人輸入での通販です。

日本で処方箋薬でも、海外からデパスやそのジェネリックを海外から個人輸入することができ、代行サイトを利用することで日頃利用している通販サイトのようにデパスを通販することができます。そのためデパスを使用したことある人などは通販でデパスを購入していたのです。

デパスを個人輸入、通販する最大のメリットとして他人に知られずに家にいながら購入することができるという事です。

睡眠薬や抗不安薬の購入はあまり良いイメージではなく、通販で購入できるのであればこの上ないですよね。そこで多くの人が個人輸入でデパスを購入していたのです。

デパスを個人輸入していた人はたくさんいると思うのですが、実は2016年9月、デパスは個人輸入禁止となってしまったのです。

個人輸入の禁止

2016年9月に3つの医薬品が第3種向精神薬に追加されることになり、個人輸入することができなくなりました。

厚生労働省がエチゾラム(デパス)、ゾピクロン(アモバン)、フェナゼパム(日本では医薬品として流通なし)の3種類を向精神薬として指定したことで通販で購入できなくなったのです。

デパスはもちろんそのジェネリック医薬品も個人輸入することができなくなりました。そのためデパスやアモバンなどの睡眠薬が欲しい場合は必ず病院で処方してもらわなければいけなくなったのです。突然の出来事に多くの人が深刻な状況になったのですが、デパスやアモバン以外にも個人輸入できる同等の睡眠薬があるためそちらに移行した人がほとんどです。その代表的な睡眠薬がルネスタで個人輸入でもちろん通販することができます。

デパスの効果

デパスの効果

デパスの気になる効果ですが、一般名はエチゾラムで様々な症状で使用されています。脳にある神経受容体(BZD受容体)はリラックス系の受容体でエチゾラムと結びつくことでリラックスの神経を働かせてくれます。そのため、寝る前の興奮状態、不安、イライラ、緊張を抑えることができ入眠しやすくしてくれる効果があります。同じ系統に分類されている医薬品の中で特に睡眠作用が高いものは睡眠薬としてよく使用されています。

睡眠効果以外にも、ゆっくりとした作用で緊張や不安を取り除いてくれたり、筋肉の強張りを緩やかにする効果があるため、腰痛や肩こり、頭痛などにも効果があります。

デパスは効果が高く薬が抜けるのも早いため短時間作用方に分けられています。

・最高血中濃度到達 3.3時間

・血中半減期    6.3時間

そのため入眠はできるけど途中で覚醒してしまうといったタイプの不眠症には向いていないようです。そのような場合は中間作用方か長時間作用方が向いていると考えられます。

参考:デパスについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

デパスの副作用

デパスは安全性が高く副作用が少ないのが特徴的です。そのため安心して使用することができます。

眠くなる、ふらつく、力が抜ける、倦怠感などを感じることがありますが、これはデパスが効いている証拠ですのでそこまで深く心配する必要はないでしょう。しかし、車やバイクの運転、高所での作業などは控えたほうが良いと考えられます。

さらに必要以上服用してしまった場合副作用が強く出てしまう可能性が高いので、必ず容量、用法は守るようにして下さい。

その他の副作用として注意力の低下、集中力の低下、ぼーっとする、ふらつき、眩暈、生理不順などがあります。もし重症や心配な場合は病院で診てもらいましょう。

参考:デパスについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

デパスの注意事項

デパスの注意事項

デパスの注意事項で一番重要なのが必ず使用方法や使用量を守るという事です。睡眠薬や抗不安薬で心配なのが依存症や離脱症状です。デパスは睡眠薬や抗不安薬の中でも依存しにくい薬だと考えられていますが、もちろん長期継続や、大量に使用していた場合依存症となってしまう場合があります。そのため離脱症状などを防ぐためにも使用方法や使用量を守る必要があります。

デパスは効果がはっきりとわかる薬で使い勝手がよいのですが、さらなる効果を求めてしまうため必要量以上に飲んでしまう人が沢山います。OD(オーバードーズ)といって精神や、身体にとって有害な作用が生じてしまう量を摂取することを指し、多くの人がODによって病院へ運ばれています。

デパスを含めた睡眠薬や、抗不安薬は適正な量を守って使用することで安全な効果を得ることができるので必ずODなどしないようにして下さい。

その他の注意事項では妊娠中や授乳中の使用はなるべく控えてください。使用する場合は必ず病院の先生と相談してからにしましょう。高齢者や、小児も慎重投与に定められています。

そしてその他に睡眠薬や精神安定剤を使用している場合も医師に必ず申告し相談してください。アルコールと同時接種は副作用が強く出てしまう可能性が高いので控えるようにしましょう。

※急性の緑内障や、重症の筋無力症の患者は使用することができません。

参考:デパスについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

デパスの飲み方

デパスの飲みかた

デパスの飲み方ですが、頓服(症状が出た時に使用)として使用するのか、それとも定期的に使用するのかによって異なります。

頓服で飲む場合

頓服で睡眠薬として処方された場合症状が出た時に飲みます。例えば中々寝ることができない、心が不安や緊張で寝れない時にだけ飲みましょう。その量も症状や個人差によって異なりますが通常成人で頓服として使用するのであれば、寝る30分ほど前にエチゾラム1.0mg~3.0mgを服用します。もし0.5で強い場合は0.25でも構いません。

その他に頓服で使用する場合は、パニック障害が出た(出そう)、大事なスピーチや人前に出ないといけない時、電車や公共の乗り物に乗るのが苦手な人が乗る前などに不安や緊張を一時的に緩和させるためにも飲みます。

エチゾラム0.5mg~1.0mgを服用します。もし0.5mgで強い場合は0.25から服用しましょう。服用してから20分~30分ほどで効果が感じれ、そしてそのまま6時間ほど継続します。この時間を計って服用するようにしましょう。

定期的に飲む場合

うつ病や、神経症の治療で定期的に飲む場合、成人であれば通常エチゾラム1mgを朝、昼、晩と飲みます。(計3mg)

腰痛や、心身症、筋収縮性の頭痛などの場合、0.5mgを朝、昼、晩と飲みます。(計1.5mg)

※高齢者はエチゾラムは1日1.5mgが限度とされています。

定期的に飲む場合も症状や年齢によって異なりますので、医師と相談してください。

デパスのジェネリック

デパスのジェネリック

デパスは1984年に販売が開始された歴史の古い医薬品です。今では後発薬としてジェネリックが多数開発されています。ジェネリックは特許期間の過ぎた成分で作られたもので、効果や効能は新薬と同等となります。元からある成分で製造されているので開発期間や開発費用をかなり抑えることができるため、薬価の値段も安くすることができます。

ジェネリックは今世界中で推奨されており欧米などでは普及率が70%以上のところばかりです。日本でもこれからジェネリックの普及率を上げるように国をあげて推奨しています。その大きな理由は国が負担している莫大な医療費問題が大きく関わっているのです。

デパスには多数のジェネリック医薬品が開発されています。個人輸入でも値段の安いデパスのジェネリックを選択する人が多くその中で代表的なのがエチラームです。1錠の値段が50円程と非常に安く、さらに効果も高かったため個人輸入でも人気でした。しかし今となってはエチラームは日本では販売されておらず、個人輸入も禁止となってしまったので手に入れることは中々難しくなっています。

デパスの口コミ・体験談・感想

デパスの口コミ・体験談・感想

デパスを使用している人たちの口コミ、体験談、感想などをご紹介いたします。

デパスの口コミ

・35歳女性

デパスは以前から病院で処方してもらっていました。しかし病院へ通うのが嫌になったので個人輸入で値段の安いデパスのジェネリックエチラームを購入。デパスと同じくよく眠ることができました。

・24歳男性

以前使っていた睡眠薬だと夜中に覚醒してしまっていたので、中時間型のデパスに変更。夜中でも起きなくなり朝までぐっすり。以前までは通販で購入していたのですが、つい最近禁止になったため睡眠薬のルネスタのジェネリックを通販で買うようになりました。ルネスタはすぐ寝ることはできるのですが、やはり途中で起きてしまうため私には合わないような気がします。

・40歳男性

睡眠薬には抵抗があったので、肩こりなどで使っていたデパスを睡眠薬として使用してみました。依存性が少ないと聞いていましたが、私は少し怖いので少ない量から使用しています。1mgでも十分寝ることができています。

・50歳女性

更年期に入ってから値付けが悪く、体は疲れているのに脳は興奮している状態が続きました。病院の先生と相談してデパスと言う薬を処方してもらいその日から飲んでみることに。飲んでから30分ほどで頭がボーっとしてきてそのままぐっすり眠りにつくことができました。それからは寝にくいなという日にはデパスを飲んでいます。

・29歳男性

仕事のストレスで不眠症となり、さらにうつ病っぽくなってしまいました。そしてうつ病診断などを調べているとデパスと言う薬が良いという事が分りネットでも売っていたのでクリックで購入。今ではデパスなしでは仕事に行くことができなくなってしまいました。しかしネットで買うことができなくなってしまうので、今ある物しかない為これからネットで買える代替え品を探そうと思っています。

・32歳男性

デパスの存在は知っていたのですが、まさか通販で買えるとは思ってもいませんでした。夜寝れない日々が多く、次の日が早い日などは特に寝れません。そこで睡眠薬として有名なデパスを通販で購入。次の日に大事な仕事があるときは夜寝る前に飲むようにしています。おかげで不眠で悩むこともなくなったのですが、デパスは通販では少し高かったのでジェネリックに変更、入眠に問題はなかったのですが、自分的にはデパスの方が寝れたような気がします。

※お薬の効果、副作用などには個人差がございます。当サイトでは責任を負いかねますので、ご了承いだたきますようお願い致します。

デパスの体験談

デパスの体験談

・36歳女性

私はワーキングママで子供は保育園に預けています。最近仕事で疲れているのに中々寝付くことができなく、毎日しんどい思いをしてきました。子供に対してもイライラしてしまって当たるようになってしまいそして仕事も思うようにできなくて、毎日自己嫌悪の繰り返しです。旦那に病院へ行った方がいいのではないかと言われ、心療内科?と言うものに行ってみました。そこでデパスと言う薬を処方してもらい、寝る前に飲んでみたのですが、嘘のように飲んでからすぐ寝ることができたのです。そして薬飲んだら朝起きるのがつらいかな?と思ったのですが、そんなことはなく朝スッキリ起きることができたのです。

仕事も子供への接し方も眠ることができなかった時に比べてこうも違うのかと言うくらいうまくいくようになったのです。しかし一つ心配なのが長く使うと効いてこなくなるのではないかという事です。病院の先生にも耐性?と言うものがあると言われ段々効いてこなくなるかもしれないという事でした。そのため頓服として本当に寝れないなと言う時や不安やイライラが強いときに飲んでねという事でした。確かにデパスですぐ寝ることができるので、毎日飲みたいくらいなのですが、効かなくなっても困るので慎重にこれからも使っていきたいと思います。

・38歳男性

仕事のあることがきっかけで、夜全く寝ることができなくなりました。どんなに寝ていなくても寝方を忘れてしまったのではないかと言うくらい寝れないのです。やっと寝つけたと思っても2時間ほどねたらすぐに起きなければいけない時間になってしまうという日々の繰り返しでかなり疲れもたまった状態でした。そんな時に寝れないという話を職場の人に話したら通販で睡眠薬が買えるらしいよという事を教えてもらったのです。病院へ行くほどではないかもしれないから病院へ行くのはちょっと・・・と思っていたのでかなり目からうろこな話でした。

そこでネットで調べてみるとデパスと言う有名な薬が個人輸入で通販することができると知り、即効注文。しかし知らなかったのですが、海外からとなると注文してから手元に届くまでに非常に時間がかかるという事でした。1週間ほどたってやっと手元に届きそして即効飲んでみました。初めてだったので0.5mgを飲んでみたのですが、しばらくするとなんだか頭がほんわりしてきました。これは効いてきたのかな?と思って立ちあがろうとしたところ、急に立ちくらみがしたのです。これは危ないかもしれないと思ったのですが、その後何もなくそして寝方を忘れてしまっていた私がすぐ寝付くことに成功したのです。最初立ちくらみが起こった時はやっぱり怪しい薬を飲んでしまったと思ったのですが、今では何かあった時にはデパスに頼るようにしています。逆にデパスはお守りのような存在で持っているだけでこれで寝れるんだと思うと、薬が無くても寝れるようにも少しずつなってきました。

※デパス(エチゾラム)は2016年9月に3種向精神薬に指定され個人輸入が禁止となり、エチゾラムを含んだジェネリックもすべて病院での処方でしか購入することができません。

※お薬の効果、副作用などには個人差がございます。当サイトでは責任を負いかねますので、ご了承いだたきますようお願い致します。