睡眠薬ラボ

不眠症を解消する様々な方法をご紹介します。どれが効果があるかは個人差がありますが、効果がある簡単な方法も解説します。

不眠症の解消法

不眠症の解消法

不眠症を解消するには、様々な方法があります。どの解消法が合っているかは個人差もありますが、効果があると言われている簡単な解消法をご紹介します。不眠症の原因は非常に多くありますが、放置しているとガンや糖尿病のリスクが上がったり、美容への悪影響、薄毛の進行などにつながる場合もあります。不眠症をただの寝不足と侮らず、早めに解消する事が大切になります。

不眠症が解消されれば、日中に眠気に悩まされる事もなくなり、しっかりと実力を発揮できるようになるでしょう。疲れが抜けずに、お休みの日が睡眠でつぶれてしまうという事もなくなります。少しでも気になる方は、早めに解消するようにしましょう。

睡眠薬で不眠症を解消

不眠症で病院に行くと、ほとんどの方は睡眠薬を処方され、投薬治療からスタートになります。睡眠薬というと危険なもの、というイメージがある方も多いかもしれません。かつて主流であったバルビツール酸系睡眠薬は確かに副作用や依存になる確率が高く、飲み過ぎてしまうと命に関わる危険もありました。ですが、これらの睡眠薬は現在は不眠症の治療で利用される事はほとんどなく、睡眠薬としてははるかに安全性の高いベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系などの睡眠薬が主流になっています。正しく服用すれば重篤な副作用があったり依存になってしまうような事はほとんどありません。

最近の睡眠薬は即効性があり、効果が切れるのも早いため、服用してから20分程度で寝付く事ができ、翌日に眠気が残ってしまう事もほとんどありません。作用時間は睡眠薬の種類によって異なりますが、朝までぐっすり眠ることができ、よほど重症か特殊な例を除いては、ほとんどの方に大変効果があると言われています。また、多くの睡眠薬には抗不安作用があります。そのため、不安や悩みがあって寝つけないという方も、睡眠薬を利用すれば不安を緩和させる事ができ、リラックスして寝つく事が期待できます。

管理人は子供の頃から不眠症に悩まされ(もちろん当時は不眠症などという言葉は知らず、自分は怠け者なのだと思っていました)、不眠症を改善する方法を様々試してみました。不眠症の原因は生活習慣も関係しますので、不眠症の改善を行うということは、健康的な生活とほぼ同義です。そのため、不眠症を改善しようと思う事は、健康的にも非常に大きなメリットであると言えます。

ただし、残念ながらどれも即効性があるとは言えません。不眠症に良いとされる食べ物は数多くありますが、それを食べたからと言ってすぐに効果を得られるわけではありません。それほど劇的な効果があるものは、既に食べものとは言えません。生活習慣の改善によって不眠症を改善するには、時間と忍耐、根性が非常に必要になります。

管理人は、はっきり言ってズボラです。手間をかけずにてっとり早く効果を得たいと思っていました。睡眠薬は、その点を完全にクリアしてくれた唯一の改善方法でした。服用したその日から効果を得る事ができ、あれだけ眠れない毎日だったのに、あっという間に寝つく事ができ、気付いたら朝だったという感じでした。心配だった副作用などもありませんでした。これほどの効果があるなら、もっと早く利用しておくべきだったと思っています。簡単に早く効果を得たい方には、睡眠薬を利用して不眠症を改善するのがオススメです。

睡眠薬は通販で購入できる

睡眠薬は通販で購入できる

睡眠薬は、本来は医者の処方が必要なお薬です。そのため、病院に行かなくては入手する事ができません。ところが、通院するとなると、お仕事をされている方は特に行くのが大変だったりします。また、一度病院に行く事ができたとしても、お薬は処方される量が決まっています。「半年分下さい」とお願いしてもそれは無理なのです。

そのため、お薬がなくなってしまったら再度病院に行かなくてはいけません。睡眠薬は基本的には毎日服用するお薬ですので、お薬がなくなってしまうのは早いと言えます。お薬がなくなってしまうと、せっかく改善しつつあったとしても、また元に戻ってしまいます。

手間をかけずに睡眠薬を購入する唯一の方法は、個人輸入代行業者を利用する事です。一般的な通販でお薬を通販で購入するのは違法ですが、個人輸入という形で海外から購入する場合は合法です。個人輸入の面倒な手続きを代行してくれるのが個人輸入代行業者というものになります。

個人輸入と言っても難しい事はありません。アマゾンなど一般的な通販と同じように簡単に購入する事ができます。インターネットなどでいつでも注文でき、ご自宅まで届けてくれます。一歩も外に出る事なく、睡眠薬を購入する事が可能です。お時間のない方でも簡単に購入する事ができるでしょう。

ただし、注意点があります。海外からの発送になるため、到着までに10日ほど時間がかかります。また、お薬を通販で購入した場合は、服用に関してはすべて自己責任となります。中には偽物の薬を販売している悪質な業者もありますので、信頼できる業者から購入するようにしましょう。また、病気や服用しているお薬によっては睡眠薬を服用できない場合もあります。事前によく調べるようにして下さい。

人気の睡眠薬

睡眠薬には非常に多くの種類があるため、初めて服用する方は、どれがいいのか迷ってしまうかもしれません。そこで、通販で購入できる人気の睡眠薬をご紹介します。

ルネスタ

ルネスタは最近最も人気になっている睡眠薬です。即効性があるため、服用して15分程度で寝付く事ができます。また、安全性も非常に高く、依存、副作用などの心配がほとんどありません。マイスリーと同じ非ベンゾジアゼピン系睡眠薬になりますが、マイスリーよりも依存になりにくく、安全性が高いと言われています。抗不安作用もあるため、心配ごとがあって寝付けない方にもオススメです。初めて睡眠薬を利用する方には最もオススメです。通販を利用すればルネスタのジェネリックを購入する事ができます。

参考:ルネスタについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

ソナタ

ソナタもルネスタ同様、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬で、主成分はザレプロンです。ルネスタよりも即効性があり、作用時間が短い事が特徴です。翌日に眠気が残る心配もありません。ルネスタと同じように安全性が高く、さらに、カプセルタイプですので苦味などを感じる事もありません。ソナタも抗不安作用がありますので、悩みがあって眠れない方にオススメです。日本では未承認のお薬ですが、欧米では大変ポピュラーな睡眠薬です。通販でソナタのジェネリックを簡単に購入する事ができます。

参考(原文版):ザレプロンについて(wikipedia)

参考(翻訳版):ザレプロンについて(wikipedia)

デパス

デパスは、不眠症だけでなく、様々な精神疾患に効果のあるお薬です。睡眠薬としての効果はルネスタ、ソナタに比べると弱いとされていますが、抗不安作用などがあり、肩こりや腰痛の緩和効果もあります。あがり症などにも効果があると言われています。「万能薬」とも言われるほど人気のあるお薬でした。

ただし、効果が強い分、依存、乱用の危険が高い点が指摘されていました。そのため、2016年3月に向精神薬に指定されました。これにより個人輸入も禁止になってしまい、通販での販売、購入は違法になっています。病院で処方してもらうしか入手方法がなくなってしまったデパスですが、服用する際には医師に従い、依存などにならないように注意が必要です。

参考:デパスについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

アモバン

アモバンはルネスタ同様、非ベンゾジゼアピン系の睡眠薬です。効果はルネスタと非常に似ていますが、副作用として苦味があるのが特徴です。どれくらいの苦味を感じるかは個人差がありますが、苦すぎて飲めないという方もいらっしゃるほどです。アモバンもデパス同様、2016年に精神薬に指定され、個人輸入では購入できなくなってしまいました。

アモバンを利用していた方にオススメなのがルネスタです。ルネスタはアモバンの改良版とも言われていて、苦味もほとんどないとされています。さらに作用時間もアモバンよりも長くなっているため、入眠障害だけでなく、中途覚醒や早朝覚醒の症状がある方にも効果が期待できます。通販でアモバンを購入していた方は、ルネスタを購入するのがオススメです。

参考:アモバンについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

ドリエル

ドリエルは薬局やドラッグストアで購入できる睡眠薬として最も有名です。手軽に購入でき、安全性が高いことから大変人気になっています。ただし、注意点があります。ドリエルなど市販されている睡眠薬は、正確には「睡眠改善薬」と言われています。病院で処方される睡眠薬とは作用機序が異なり、効果は弱いというデメリットがあります。また、特に気をつけたい点は、耐性が形成されやすく、2、3回の服用で効果がなくなってしまいます。そのため、比較的症状が重い方や慢性的な不眠症の方ではあまり効果が得られない事が懸念されます。

とは言え、軽度の不眠症の方や一時的な不眠症の方には安全性が高いことは大きなメリットです。ドリエルは薬局では高額なお薬ですが、通販を利用すれば1錠たったの7円~ジェネリックを購入する事ができます。安くドリエルを購入したい方は、通販でジェネリックを購入しましょう。

参考:ドリエルについて(KEGG)

アタラックス

アタラックスも、ドリエル同様、睡眠改善薬に分類されます。そもそも、この睡眠改善薬とは、もともとは花粉症やアレルギーの改善薬の抗ヒスタミン剤でした。抗ヒスタミン剤の副作用として最も多いものは眠気があげられます。市販されている睡眠改善薬はこの副作用を転用し、睡眠薬として利用するようになったのです。安全性は高いものの耐性が形成されやすいなどの特徴はドリエルと同様です。なお、アタラックスには鎮痛作用や制吐作用もあると言われています。吐き気や痛みがあって眠れない場合に利用すれば一石二鳥の効果が期待できます。

アタラックスも日本で承認されていますが、最近ではドリエルが主流になっているので、取り扱っている薬局がほとんどないとされています。通販を利用すれば、薬局で探し回る必要もなく簡単に購入する事ができます。

参考:アタラックスについて(くすりのしおり)

ソミナー

ソミナーも、ドリエルやアタラックス同様、睡眠改善薬に分類されます。主成分はドキシラミンです。アレルギーや鼻炎、花粉症の改善にも役立ちます。若干の抗不安作用もあり、寝つきをよくしてくれます。ソミナーは日本では未承認のお薬です。購入するには通販を利用して購入しましょう。

参考:ドキシラミンについて(wikipedia)

半身浴で不眠症を解消

不眠症を改善するために、すぐにでも簡単に始められる方法が半身浴です。半身浴はダイエット効果がある事でも有名ですが、リラックス効果があるため、不眠症の改善にも効果があります。ぬるめのお湯にみぞおちあたりまでつかる事で副交感神経が優位になり、体が内部からあたたまり、ゆっくりと眠れるようになります。

夏でもできれば湯船につかるようにしましょう。アロマやお気に入りの入浴剤を利用すれば、さらにリラックスできるでしょう。女性で半身浴をされている方は多いかもしれませんが、男性にもオススメです。半身浴は疲労を緩和させる効果もありますので、一日の終わりにゆっくりとお風呂につかって、ご自分をいたわってあげましょう。ただし、ただお湯につかればいいというわけではなく、いくつか注意点があります。半身浴で不眠症を改善したい方は、正しい半身浴の方法を知ってから行うようにしましょう。

寝具(枕やマットレス)で不眠症を解消

寝具(枕やマットレス)で不眠症を解消

眠る上では、枕や布団、マットレス、パジャマなどの寝具は非常に大切です。特に枕は非常に重要です。枕があっていないと、しっかりと熟睡できず、不眠症がさらに悪化してしまう危険もあると言われています。寝具には多くの種類があるため、どれがいいか悩んでしまう方も多いと言われていて、「枕ジプシー」になってしまっている方もいらっしゃるようです。

基本的には、眠る姿勢に適しているのは、真っすぐ立っている状態と同じ姿勢だと言われています。最近はパソコンやスマホの使い過ぎで「ストレートネック」になってしまっている方も多いと言われています。ストレートネック用の枕も販売されていますので、気になる方はそのような枕もオススメです。マットレスも硬さなどが多岐にわたりますが、寝返りをうちやすい硬さかどうかが大切です。

また、体型の変化や年齢によって合う寝具というのは変わってきます。以前合っていたものが合わなくなっているという事は十分に考えられますでの、定期的な見直しが必要です。「眠っているつもりなのに疲れがとれない」という方は、もしかしたら寝具が原因かもしれません。寝具が合っているかを、今一度確認してみましょう。

睡眠環境で不眠症を解消

快適な睡眠を得るためには睡眠環境も大切になります。暑すぎたり寒すぎたりでは眠れないのはもちろんですので温度についてはほとんどの方が気にするかと思います。注意点は、温度だけではなく湿度も大切だという事です。さらに、部屋の温度や湿度だけではなく、布団の中の温度や湿度調整も大切です。温度計だけではなく湿度計も設置し、最適な温度と湿度を保つようにしましょう。

また、睡眠には光も重要です。太陽の光には覚醒作用があるため、朝に浴びると効果的です。また、眠る前にはスマホやパソコン、ゲームなどブルーライトは浴びないように気をつけましょう。太陽の光と同じ覚醒作用がありますので、眠る前にみると眠れなくなってしまいます。

それ以外には、音や香りにも気をつけられたらなお良いでしょう。電気機器の作動音なども睡眠を妨げている場合もあります。実は意外なものや習慣が不眠症の原因になっている場合がありますので、今一度、眠っている環境を確認するようにしましょう。

ストレスを緩和させて不眠症を解消

ストレスを緩和させて不眠症を解消

不眠症の原因は非常に多くのものがありますが、最も多いものはストレスなどの精神的なものです。悩みや考え事があってなかなか寝付けないという方は急増していると言われています。身体的に特に問題がない方でしたら、このストレスを解消するだけで不眠症はほぼ改善されます。

ただし、忙しい現代社会において、ストレスをゼロにする事はほぼ不可能でしょう。生きていれば何かしら悩みはつきまとうものです。自分なりのストレス解消法があり、うまくストレスを解消できればいいのですが、それが難しい方もいらっしゃるかと思います。ストレスの解消法は様々な方法がありますので、色々と試してみて、ご自分に合っているものを探すのもいいと思います。

また、睡眠薬は抗不安作用があるものもありますので、睡眠薬を利用すれば不眠症とストレスを一度に緩和させる事も可能です。睡眠薬でもあまり効果がない方は不安が強い事が考えられますので、まずは不安を和らげることを考える事が先決になる事もあります。不安や悩みが強い場合は、精神安定剤(抗不安薬)を利用するのがオススメです。精神安定剤(抗不安薬)は通販を利用すれば病院に行かずに簡単に購入する事が出来ます。悩みがあって眠れない方は、精神安定剤の利用も検討してみましょう。