睡眠薬ラボ

ルネスタは通販を利用すれば病院に行かずに安いジェネリックを簡単に購入できます。なかなか眠れない方にはオススメです。

ルネスタとは

ルネスタとは

ルネスタは、即効性があり、安全性が非常に高いため、人気になっている睡眠薬です。服用したその日から効果を実感する事ができ、15分程度で眠りにつく事ができます。初めて飲む方は、「いつもはベッドに入っても1時間は眠れないのにルネスタを飲んだらあまりにも簡単に眠る事ができる!」と、驚いてしまうかもしれません(管理人はそうでした)朝までゆっくりと眠る事ができるため、寝つきが悪い方には特にオススメです。

日本では処方が必要なお薬ですが、通販を利用すれば病院に行かずにルネスタのジェネリックを購入する事ができます。不眠症を簡単に早く改善したい方は、ルネスタのような安全な睡眠薬で早めに改善して、快適な毎日を手に入れましょう。

ルネスタを通販で購入する方法

ルネスタの購入方法

ルネスタは日本では処方箋薬として認定されています。その為ドラッグストアや店頭などでは市販されていません。

病院で先生の処方の元、薬局などで処方箋を提出する必要があるのです。しかしルネスタは個人輸入することが認められているので、海外から通販することができるのです。アモバンやデパスが通販で買えなくなった現在、ルネスタを通販で購入している人が増加しています。

もちろん個人輸入に関してはいくつか制約があり、個人輸入できない医薬品、1度に輸入できる個数、販売、譲渡目的では輸入できないなどを守る必要があります。さらに海外とのやり取りの中で英語ができないとなるとそんな面倒な思いをしてまで個人輸入したいとは誰も思わないでしょう。

そこで活躍しているのが個人輸入代行サイトです。個人輸入したい人のお手伝いをしてくれるサイトで、法に基づいた方法で行っている為安心してサービスを受けることができます。通常の大手通販サイトのアマゾンなどと同じような仕組みですので、ネットショッピングと何ら変わりなく、睡眠薬を海外から購入することができるのです。

ルネスタを病院で処方してもらったことがあるけど病院へ行く時間が取れない人や、不眠症で悩んでいることを誰にも知られたくない人、病院へ異常があっていけない人などなどは通販でルネスタを購入できることを覚えておくと大変便利です。

個人輸入代行サイトでお薬を購入する事は違法ではありません。ただし、服用はすべて自己責任となりますので、その点は気をつけるようにして下さい。

ルネスタのジェネリック

ルネスタのジェネリック

ルネスタは新しい睡眠薬で日本国内ではジェネリックが開発、販売されていませんが、海外ではルネスタのジェネリックが開発、販売されており個人輸入で購入することができます。ジェネリックは新薬と同じ成分で製造されている為効果や副作用などもすべて同じとなっています。

インドのムンバイに本社があるサン・ファーマ社から販売されているルネスタジェネリックのフルナイトですが、主成分はルネスタと同じエスゾピクロンで効果はルネスタと同じですが、苦味を感じないように対策されており、ルネスタより飲みやすいように工夫されています。個人輸入のサイトでフルナイトは1錠100円以下の値段で購入することができ、非常に安価な値段で販売されるので人気の睡眠薬となっています。

ルネスタの効果

ルネスタは睡眠薬の中でも超短時間型に分類されており、寝つきの悪い人や一時的な不眠症の人が就寝前に服用することで、入眠しやすくさせてくれるお薬のようです。臨床結果ではブラセボとの比較試験でルネスタでは睡眠潜時は平均11分、ブラセボの場合平均23分でしたので、通常よりも寝ようとしてから半分の時間で入眠できることが判明しています。管理人はルネスタを服用すれば、15分程度で眠りにつく事ができます。

超短時間型で入眠は早いのはもちろんなのですが、途中で覚醒してしまう場合に対しても効果的だという事も示されています。管理人の場合は、朝まで一度も目がさめる事なく熟睡できます。

さらに眠りから覚めた時でも不快感や、眠気などを感じることが少なくすっきりと起床することができます。

長い期間継続して使用していても、耐性なるものもみられず、さらに依存症も起こりにくいと考えられている為非常に使い勝手の良い睡眠薬だと考えられます。

ルネスタの主成分はエスゾピクロンです。シクロピロロン系に分類されており、日本では2012に販売が開始された非常に新しい睡眠薬のようです。主成分であるエスゾピクロンはアモバンの主成分ゾピクロンのS体という効果がある部分のみを使用して作られました。それによって効果や効能はほぼアモバンと同じで、脳内にあるGABA受容体と結びつくことで、GABAによって塩化物イオンの神経細胞内へ流れるのを促し、GABAの働きを強くすることで、入眠に繋がります。※GABAは脳内を抑制させるための神経伝達を担う神経性のアミノ酸になります。

なお、睡眠薬のアモバン(ゾピクロン)と似すぎていると欧州などでは考えられており、承認されてはいません。アメリカでは翌日に効果を持ち越してしまうため車の運転に支障が出ると考えられ、初めて使用する場合1mgからと推奨されています。

アモバンの主成分ゾピクロンはデパス同様2016年に向精神薬に指定され個人輸入することができなくなりましたが、ゾピクロンの鏡像異性体で同じ作用を持ち合わせているのですが、ルネスタの主成分エスゾピクロンは向精神薬に指定されていない為個人輸入することができます。この事から、ルネスタはアモバンよりも安全性が高い睡眠薬だと言えるのではないかと思います。

ルネスタはアモバンを改良した睡眠薬として知られており、アモバンで苦みや副作用を感じた人がルネスタへと移行しています。アモバンを服用していたものの苦味が気になっていた方にもルネスタはオススメです。

参考:ルネスタについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

ルネスタの副作用

ルネスタは比較的安全性の高い薬のため副作用はほとんどないと考えられています。処方通り使用することで重症な副作用はまずないでしょう。しかし、人によっては起床した時に眩暈や、眠気、脱力感や、力が入らないなどの副作用が出る場合もあります。さらに高年齢の場合足がもつれて転倒してしまうなども考えられますので注意が必要です。

副作用が重症化することはほとんどないですが、もし依存症や離脱症状が出た場合などは病院の医師との相談が必要となります。

管理人の場合はルネスタを飲んだらすぐにベッドに行くようにしているため、副作用を感じた事は一度もありません。

参考:ルネスタについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

ルネスタの注意事項

ルネスタの注意事項

ルネスタの使用にあたっての注意事項ですが他の睡眠薬同様、重症の無力症や、急性の緑内障の場合使用禁忌となっているようです。

他にも喘息の人など呼吸器関係に病気を持っている人も使用に関しては注意となっています。高齢者は効果が強めに出てしまい思わぬ副作用をもたらせてしまう可能性があるため、少量から始めていきます。

妊娠中や授乳中は使用をできる限り控える方が好ましいです。そうしても使用しなければいけない場合などは病院の医師と相談してからにしましょう。小児や乳児、幼児に対しては安全性が確立されていません。

何か行動をしなければいけない前の服用は避けてください。例えば食事中、移動中、運転中、仕事中などは途中で寝てしまう場合があり危険を伴う恐れが高いので就寝前などに使用してください。

依存症の恐れが比較的少ないのですが全くないわけではありません。使用方法の誤りや、連用することによって依存症を生じる恐れがあります。特に継続投与する場合は急に服用を中止すると離脱症状を起こしてしまう可能性が高いので、必ず決められた期間決められた量を服用し自分の判断だけで服用を中止しないでください。

参考:ルネスタについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

ルネスタの飲み方

通常就寝前に、成人であれば1回2mgを水やぬるま湯で服用します。

高齢者の場合1回1mgを水やぬるま湯で服用します。

症状や年齢によって異なりますが、成人では最高3mg、高齢者では2mgを超えない事となっています。

アメリカの食品医薬品局(FDA)では2014年に、ルネスタの開始推奨量を1mgに変更しました。その理由として、効果が翌日へ持ち越してしまう可能性として運転や記憶への機能障害をもたらせてしまう可能性があるからだとしています。

ルネスタはアモバンに比べれば苦味は減ったのですが、口の中を抜けた後でも苦味を感じる人もいます。

ルネスタの口コミ・体験談・感想

ルネスタを使用している人たちの口コミ、体験談、感想などをご紹介いたします。

ルネスタの口コミ

ルネスタの口コミ

・30歳男性

以前までは個人輸入でデパスのジェネリックを購入していたのですが、禁止となってしまったので同じサイトで販売されていたルネスタのジェネリックを試してみました。苦味があると聞いていたのですが私的には感じませんでした。デパスよりも早く寝ることができ、起きた次の日もスッキリ起きれたのでルネスタのジェネリックで全く問題がなかったです。

・24歳女性

ルネスタを病院で処方してもらっていたのですが、引っ越しに伴いいつも通っていた病院へ行くことができなくなりました。しかしSNSでネットでもルネスタが購入できるという事を知り、思い切って通販で購入。最初は少し不安でしたが、飲んでいると今までと同じような効果ですんなり寝ることができたのでよかったです。

・47歳女性

睡眠薬を飲んだことがなかったのですが、寝れない日々が続くためネットで何かないかなと探していたところ、ルネスタと出会いました。通販で買ってみて寝る前に飲んだのですが、私には強すぎたようです。漢方か何かを試していきたいと思います。

・39歳男性

ネットでデパスを購入できると聞いたので調べてみるとつい最近個人輸入禁止になったと紹介されていました。そのため超短時間型のルネスタを試しに購入して飲んでたのですが苦味がひどくて少し飲みづらかったです。入眠作用はバッチリで朝までぐっすり寝ることができました。しかし朝起きた時に胃の中の方から苦味があってあまり良い気分ではありませんでした。

ルネスタの体験談

ルネスタの体験談

・旦那に何を言われようが(37歳女性)

私が初めて睡眠薬に出会ったのはアモバンでした。仕事と家事、さらに子育てで追われる日々で旦那もあまり協力的ではない人なので相談できる人もいなくて、毎日ぐっすり眠れることが少なくなってしまっていたのです。そしてしばらくすると寝れないことがかなりつらくなり、さらに寝る事へのプレッシャーも感じるようになったのです。

少しうつ気味で不眠症が続いたため、思い切って病院へ行ってそこで睡眠薬を処方してもらったのがアモバンです。夜寝るときに考え事をしてしまって中々寝付けずにいたのですが、アモバンを飲むようになってからぐっすりと寝れるようになりました。しかしアモバンの苦みが私はとても苦手で、どうしたものかと先生に相談したところ、今度はルネスタを処方してくれたのです。

そしてルネスタを飲んだところやはり苦味は少し感じるのですが、アモバンほどではないのでこれならば飲んでも不快感がなく過ごせそうだと思いました。

毎日ルネスタを飲んでいるわけではないのですが、今日は早く寝たいなという日や今日は考え事をしてしまって寝れないなと言う日には飲むようにしています。旦那に睡眠薬を飲んでいるという話をすると、そんなもの飲むなと全く理解してくれないのですが、私はルネスタのおかげですっきりとした1日を送ることができているので、旦那に何を言われようがルネスタをこれからも飲み続けようと思っています。

※お薬の効果、副作用などには個人差がございます。当サイトでは責任を負いかねますので、ご了承いだたきますようお願い致します。